美容やダイエットの役立つ情報を発信するブログ

メイクとダイエットなど主に美容に関する事を記事にしています

メイクのチークについて

今回のテーマはメイクのチークについてです。

 

 

f:id:destiny6711:20200228135107j:plain

メイクのチークとは?

メイクのチークを入れる場所は基本的には頬の骨に沿っていれると自然な感じに仕上がることになります。

 

ほほ骨というのは誰でもこめかみの下から出ている骨になるわけですが、口元を上げるみたいに顔に笑顔を作ったときには頬の筋肉が盛り上がると思います。この盛りあがっている筋肉の部分に沿ってほほ骨の高いところへとチークを入れると上手にチークを入れることができます。

 

チークの使用方法

ひとの顔の形は色々ですから、人によってはこの通りではないかもしれませんが、チークを上手に入れることによってメイクで顔の雰囲気や印象というのはかなり変化をつけることが可能です。

 

自分の顔の色や形にあったチークを選びメイクテクニックとして入れ方についてもきちんとマスターしてみるといいと思います。もしも、メイクでチークを入れる場所が低めになってしまった場合には、逆に疲れた雰囲気に見えることもありますから注意してチークは入れなければいけません。

 

チークを入れるポイントとしては、ブラシにパウダーを付けてまずは色を調整しましょう。ブラシの持ち方は鉛筆見たいにもって肌と並行に動かして小鼻の部分から頬骨のラインにチークを乗せていきます。ゆっくりたっぷりのせるのではなくて、さっとスピーディーに載せるのがポイントです。ほほ骨の一番高くなっている部分に濃い色をのせるとメイクで立体感を出すことが可能です。仕上げとしては手で最後にぼかして完了です。ひとによってはチークだけ目立っている人もいるので最後のぼかしは必ず行いましょう。

 

チークの雰囲気について

メイクのチークの入れ方一つで、雰囲気というのはかなり変わるといわれています。たとえばメイクのチークの入れ方としては、かわいらしい雰囲気にしたいと思っている人の場合には、笑ったときに一番高くなる頬骨のいちばん上の部分にピンク系の色のチークを塗るといいと思います。

 

ふんわりと色をつける程度に塗って仕上げとして一番子尾色を真ん中の部分に乗せるとより可愛い感じの雰囲気に仕上がります。次に知的な雰囲気にするメイクのチークの入れ方を紹介します。選ぶ色合い的にはオレンジ系やゴールド系がいいでしょう。そして顔の外側から頬骨の下、鼻先の方向にチークを入れると顔がシャープな感じになりますから、知的な雰囲気に仕上げることができます。

 

メイクではスタイリッシュな雰囲気に変身することも可能ですよ。スタイリッシュな雰囲気にしたいと思っている場合には、小顔に見えるブラウン系のチークを選びます。顔が引き締まってスタイリッシュな雰囲気に見せることができます。

 

その場合には頬骨の下の部分からこめかみに向かってブラシを入れて太めにチークを入れるようにすると引き締まります。Tゾーンなどにもハイライトを入れておくと立体感も出るのでかなりスタイリッシュな顔立ちになることができますよ。

 

最近はフェミニンな感じも人気ですがメイクでフェミニンさを出すことも可能です。フェミニンな雰囲気にしたいときには、頬骨から小鼻のまん中に下に向けてチークを入れるようにすればいいでしょう。